seesaa_profile_icon
www.trgy.co.jp
金融庁:株式会社トリロジー Trilogy Inc.

金融庁カテゴリの記事一覧

AMFが無認可のバイナリーオプションブランド223をリストアップ

フランス金融庁(AMF)は今日、投資サービスの認可を持たないブランドをはっきり識別したとして、バイナリーオプション取引を提供するウェブサイトの周期リストを更新した
http://jp.forexmagnates.com/2015/05/14/regulation/20776続きを読む

金融商品取引法における「有価証券」及び「金融商品」とは

【「有価証券」の定義(第2条第1項)】
この法律において「有価証券」とは、次に掲げるものをいう。

国債証券

地方債証券

特別の法律により法人の発行する債券(次号及び第十一号に掲げるものを除く。)

資産の流動化に関する法律 (平成十年法律第百五号)に規定する特定社債券

社債券(相互会社の社債券を含む。以下同じ。)
続きを読む

「適格機関投資家等特例業務の見直しに係る政令・内閣府令案等」に対するパブリックコメントの結果等について

http://www.fsa.go.jp/news/26/syouken/20150128-2.html

ベンチャー・ファンドに関して「販売が可能な投資家の範囲が狭く、新たなファンドの組成が困難になるため範囲を広げてほしい」等の意見(105件)

投資者保護に関して「プロ向けファンドの個人への販売は禁止すべき」等の意見(54件)

一般の個人投資家から収益を目的に広く出資を募ることにより、太陽光発電等の事業を行うファンドに関して「投資家の範囲の限定はファンドの組成が困難になる」等の意見(19件)

適格機関投資家等特例業務の規制案、検査権限明確化

出典:http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0JU1Y820141216

[東京 16日 ロイター] - 金融庁は、詐欺被害が増えている「プロ向けファンド」について、制度の悪用に対処するために規制を強める改革案を16日の金融審議会(首相の諮問機関)の作業部会に示した。続きを読む

法令解釈に係る照会手続(ノーアクションレター制度ほか)

http://www.fsa.go.jp/common/noact/
法令適用事前確認手続(ノーアクションレター制度ほか)
一般的な法令解釈に係る書面照会手続

無登録ブローカーへの警告を一層強化へ

日本の金融庁は、未認可で日本人投資家に商品・サービスを売り込んだり勧誘を行う金融サービス業者のアクティビティを積極的にモニタリングしている。この動きは、2010年と2011年に金融庁がFXのレバレッジに大幅な規制変更を行ってから目立つようになっている。
http://fxoyakudachi.w2c-blog.com/2014/05/27/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%87%91%E8%9E%8D%E5%BA%81%E3%80%81%E7%84%A1%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%AD%A6%E5%91%8A%E3%82%92%E4%B8%80%E5%B1%A4%E5%BC%B7/

金融商品・金融機関に関する「事前相談」の開設

金融サービス利用に伴うトラブルの発生の未然防止などに向けた事前相談の提供の充実を図るため、「事前相談(予防的なガイド)」を下記のとおり開設。
http://www.fsa.go.jp/news/25/sonota/20140523-1.html続きを読む

金融庁 韓国大手行日本支店への調査着手

日本の金融庁が今月20日からウリィ銀行と中小企業銀行(IBK)、韓国外換銀行、新韓銀行など韓国市中銀行の日本支店に対する調査に着手したことが22日、分かった。
調査結果によっては、営業停止などの処分が下される可能性がある。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2014/05/22/0500000000AJP20140522001400882.HTML
続きを読む

適格機関投資家等特例業務の見直し

適格機関投資家等特例業務を行う者が、ファンドの販売等を行うことができる投資家の範囲を、
・現行の適格機関投資家及び適格機関投資家以外の者から
・適格機関投資家及び金融商品取引業者等(法人のみ)、ファンドの運用者、ファンドの運用者の役員・使用人・親会社、上場会社、資本金が5千万円を超える株式会社、外国法人、投資性金融資産を1億円以上保有かつ証券口座開設後1年経過した個人等
にする改正を行います。
http://www.fsa.go.jp/news/25/syouken/20140514-1.html

日本金融庁、豪証券投資委員会、豪FXブローカーによる日本居住者の受け入れを禁じる方向へ

日本の金融当局は、通貨取引業界を世界的整備を強化している。オーストラリア金融サービスプロバイダーが日本居住者と取引を行う事を禁止する規制を計画している。
http://jp.forexmagnates.com/2014/05/01/forex-brokers/15801続きを読む

適格機関投資家等特例業務に関する特例について

ソース:http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2014/2014/20140418-1.htm
集団投資スキーム(以下「ファンド」という。)のうち適格機関投資家等(1名以上の適格機関投資家及び49名以下の適格機関投資家以外の者)を出資者とするもの(いわゆる「プロ向けファンド」)の販売・投資運用を行う特例業務届出者については、これまでの検査において、
続きを読む

金融庁とCFTC、クロスボーダー規制業者の監督強化に協力

http://jp.forexmagnates.com/2014/03/12/regulation/15327
平成26年3月10日、金融庁及び米国商品先物取引委員会(CFTC)は、日本と米国の両国においてクロスボーダーで活動する規制業者の規制監督に係る協力及び情報交換に関する監督協力に関する覚書(Memorandum of Cooperation(MOC))に署名を行った。署名を行ったのはCFTC会長のMark Wetjen氏と金融庁のコミッショナー畑中龍太郎氏である。続きを読む

有価証券届出書を提出せずに有価証券の募集を行っている者の名称等について

http://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/yukashoken.html
有価証券届出書を提出せずに有価証券の募集(以下「無届募集」といいます。)を行っているとして、金融庁(財務局)が警告書の発出を行った者の名称等を掲載しています。

続きを読む

「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)の公表

http://www.fsa.go.jp/news/25/syouken/20140131-7.html
金融庁では、昨年12月に金融・資本市場活性化有識者会合において取りまとめられた「金融・資本市場活性化に向けての提言」において、投資信託等について、続きを読む

NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)スタート!

http://www.fsa.go.jp/policy/nisa/index.html
金融庁 総務企画局政策課総合政策室
Tel 03-3506-6000(代表)(内線3821、3822)

金融商品取引業者 登録完了

http://kinki.mof.go.jp/content/000069504.pdf
近畿財務局長(金商)第372号 株式会社トリロジー


http://www.trgy.co.jp/