seesaa_profile_icon
www.trgy.co.jp
FX- News:株式会社トリロジー Trilogy Inc.

FX- Newsカテゴリの記事一覧

「虚偽告知で運営3社処分@毎日新聞」の記事を受けて...


出所:毎日新聞2016年12月17日 15時00分 http://mainichi.jp/articles/20161217/k00/00e/040/215000c

 

記事全文魚拓は ⇒ こちら

 

 

証券取引等監視委員会 > 報道発表関係
・株マイスター
 → 株式会社SQIジャパンに対する検査結果に基づく勧告について
・Japan Stock Trade/日本証券投資顧問
 → 株式会社CELLに対する検査結果に基づく勧告について
・トレーダーズ・ブレイン・マーケット/常勝トレンド.COM
 → 株式会社AMオンラインに対する検査結果に基づく勧告について

 

 

下図は、投資助言サイトを格付けしたランキングサイトの画面。
行政処分を受けた会社のサイトが上位に名を連ねていたが、既にインターネット上から削除されているとのこと

 
2016-12-19 2.23.08.png

 

 
↓ ↓

 

 

以前から「投資助言サイトを格付けしたランキングサイト」なるものの存在を知っていたが、この記事を受けて今回とくに気になったので、弊社の調査をしてみたら...

 
スクリーンショット 2016-12-19 2.45.03.png

 

 
スクリーンショット 2016-12-19 2.46.51.png

 

 
こんなサイトに掲載されていた(泣)

 
共に、サイト運営会社不明、
内容も質問や憶測で、誤情報まで書かれている。

 

 
早速、以下のように回答と訂正をコメントを送信したが...
やはり、なかなか反映しない...

 
掲載等この業者の対応が不安なので、
備忘録として本記事を認(したた)めた。

 

 
投資顧問比較ナビ

レバMAXさん へのご回答)
・ 弊社が主宰する投資サークル(=ウィンスクエアクラブ)の案内ページを見ておっしゃっているようですが、これまで当会会員に「元金融機関従事者や業界著名人も多く在籍」したのは事実です。
・ 付け加えますと、法解釈も関係するようですが、現在投資助言代理業を営む上で金融キャリアを有する者が複数名在籍することは必須となっております。

・ また「実績をしっかり出して欲しい」とのことですが、当然顧客の運用成績等を情報公開することは不可能ですので、弊社HP内に公開しておりますものが全てとなります。
・ 毎年変動します業績や各会員数等につきましては、作成公開を義務付けられております「事業報告書」にて毎年詳細報告をいたしております。
(2016.12.19)



 

 
投資顧問口コミ比較ラボ

まりりんこ さん へのご回答
Q.
FXとか先物取引にはシステム導入される方が多いと思うんだけど、そんな簡単なんでしょうか?

A.
難易度の感じ方には個人差がございますので、一概には言えませんが、
既存のシステムトレード(自動売買ソフト)を導入し稼働するだけでしたら、どなたでも可能かと存じます。


Q.
結構な金額がかかりますので不安の方が先にたってしまってなかなか決断できません。そんな状態であるなら投資はしない方がいいという事なのでしょうか…。ここは気になってるんですけどどなたかお教え願えますか。

A.
弊社EAレンタル会員(=自動売買ソフトの貸し出しプラン)でしたら、
成功報酬ですので、イニシャルコストは、24h稼働のPCとインターネット接続環境の準備のみです。ご安心ください。
詳細は弊社HPをご参照ください。




 

 
続きを読む

ホームページ リニューアル

ホームページ リニューアルしました。



2016.01.24

W2C主催『投資家交流会』のお知らせ 12/28(最終回)

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★ ウィンスクエアクラブ
『投資家交流会』のお知らせ ★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


ウインスクエアクラブ(W2C)主催の投資家交流会を開催いたします。

W2C交流会としての試みは今回を持ちまして終了となります。

これまでご愛顧いただきました皆様には、是非とも万障繰り合わせてご参加ください。

お時間許せる方はアフターの飲み会も是非ご参加ください。


12月28日(月) 16時00分〜18時00分(途中参加/退場NG)

参加費:無料

場所:大阪梅田グランフロント (詳細は参加者にメールにて直接ご案内致します。)

注)座席に限りが有りますので、キャンセルする方は必ずお手続きください。

申込み → http://www.seminarjyoho.com/course_show_163212.html

『投資家応援交流会』 12/21

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★ 投資家応援交流会 ★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

12月21日(月)午後10時00分〜12時00分


(1) これまでの実績紹介と現状相場分析
(2) 今後の推奨銘柄について


講師は、45年間相場の世界で戦い抜いてきた李圭栄氏。
他に類を見ないキャリアを持つ相場師が、現状相場を読み解きます。
また、株式信用、225先物、商品、為替、あらゆる相場に対する質疑を受け付け、時間の許す限り回答致します。


大損の経験を有する方
投資キャリアが3年以上


お申し込みは、
 → こちらよりお願いします。
 ・座席数に限りがありますので、参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
 ・詳細は参加者にメールにて直接ご案内致します。

ユーロ/スイスフラン急落 取引プラットフォームはフリーズ


スイス中銀の上限廃止によりユーロ/スイスフラン急落、一時0.8台へ、取引プラットフォームはフリーズ
出所:http://jp.forexmagnates.com/2015/01/15/others/19161続きを読む

マネックス社に続き、YJFX社もMT4サービス終了へ

http://jp.forexmagnates.com/2014/11/04/forex-brokers/18196

フォレックス・マグネイト東京サミット2014で、ベスト・FXブローカー賞を受賞したYJFX社は、先週金曜日、同社が提供するMT4サービスを来年3月13日で終了する旨を発表した。MT4口座における資産およびポジションは同社の「外貨ex」口座に移管される予定である。続きを読む

老舗MT4業者Alpari ヒストリカルデータ提供開始

アルパリジャパンで 2011年6月〜1分足データの提供が始まりました。
http://www.alpari.jp/academy/historical/

8/1〜 Build 600より古いMT4バージョンはサポート対象外

(Metaquotes社より重要なお知らせ)
2014年8月1日、Metaquotes社により、Metatrader 4(MT4)がアップデートされます。このアップデートに伴い、Build 600より古いMT4バージョンはサポート対象外となります。
ご利用のMT4バージョンがBuild 600より古い場合、最新版のBuildバージョンへアップデートして頂く必要がございます。期日までにアップデート頂けない場合は、取引サーバーへの接続が不可となりますのでくれぐれもご注意下さい。

続きを読む

日本金融庁、無登録ブローカーへの警告を一層強化へ

日本の金融庁は、未認可で日本人投資家に商品・サービスを売り込んだり勧誘を行う金融サービス業者のアクティビティを積極的にモニタリングしている。この動きは、2010年と2011年に金融庁がFXのレバレッジに大幅な規制変更を行ってから目立つようになっている。
http://jp.forexmagnates.com/2014/05/27/regulation/15944続きを読む

遂に公式に:FXDD社米国顧客、FXCM社への口座移管について通達受ける

http://jp.forexmagnates.com/2014/05/08/forex-brokers/15829
 FXDD社が米国市場から撤退し、米国以外の国でのビジネスに集中する可能性について耳にしていたが、7日、遂に公式なものとなった。FXDD社の米国顧客は、FXCM社によるFXDD社の米国顧客口座買収についてメールで通達を受けた。

 通達内容によると、口座移管に関して顧客は特に何もする必要はなく、保有ポジションもFXCM社の新しい口座にそのまま移管される予定であるが、注文中のオーダーは復帰させる必要があるとの事である。5月16日金曜日までFXDD社の口座が機能しており、FXCM社への口座移管を希望しない場合は、16日までにFXDD社に連絡をする必要がある。続きを読む

プロ向け投資、一般の勧誘を限定 金融庁、制度見直しへ

http://www.asahi.com/articles/ASG4Q4FC6G4QUTFL007.html

プロの投資家からお金を集めて運用すると届け出た業者が、投資経験の乏しい高齢者らを勧誘してトラブルになるケースが相次いでいることを受け、金融庁は22日、制度を改める方針を示した。勧誘してもよい一般投資家は1億円以上の余剰資産を持つ人に限るという案を中心に検討する。続きを読む

ニュージーランド当局、新規制開始でリテールFX界の大改革、海外ブローカーは撤退か?

http://jp.forexmagnates.com/2014/04/10/regulation/15602

ニュージーランド金融市場庁(FMA)は、新規制のフェーズ1開始を発表した。この同国の金融規制の変更は、昨年9月に発表された最初のスケジュールでは数ヵ月かけて実行される予定であった。海外業者がニュージーランドで登録するプロセスが寛容である事から、同国が多くのブローカーのホームとなりつつあるため新ガイドラインは、同国のリテールFX界の抜本的改革が見込まれている。続きを読む

米最大規模の証券取引所NASDAQ、ついにFX界参入か?

米国最大の証券取引所の一つであるナスダック(NASDAQ)OMXグループは、FX取引自体の魅力や、日次推定5.3兆ドル規模の市場シェア獲得に魅かれ、FX業界に参入しようとする意向を示している。
続きを読む


http://www.trgy.co.jp/