seesaa_profile_icon
www.trgy.co.jp
【外国為替証拠金取引】:株式会社トリロジー Trilogy Inc.

【外国為替証拠金取引】

1998年 外為法の改正により、日本でも個人が自由に外貨取引できる「外国為替証拠金取引」という金融商品が生まれました。

外国為替証拠金取引は、「証拠金」を預託してレバレッジ効果を活用することのできる差金決済による金融商品と位置づけられています。少ない元手で大きな取引を行うこと(ハイリスク・ハイリターン)も可能です。


スワップ金利の獲得や分散投資、また各種要因(経済指標・通貨当局の発言など)による為替変動を利用して利益を得る目的で通貨を売買するスペキュレイティブ(投機的)な取引もできることで、積極的な資産運用を目指す一般投資家も誕生しています。

(A)外国為替証拠金取引は、レバレッジ効果により、少ない元手で大きな運用益を獲得することができます。その反面、見通しが外れたときには大きな損失の発生につながってしまうリスクもあります。

(B)流動性および変動性も高く、資金効率のよい外貨取引です。

(C)為替レートが上昇もしくは下落のトレンドでも「買い」もしくは「売り」から取引を始められ、あとは市場の動向によって損益が決まります。

(D)利益目標と損切りをするレートを、あらかじめ設定することで、リスクコントロールができます。

(E)金利の高い通貨を買った場合に、決済の繰り延べ(ロールオーバー)時には、日毎にスワップ金利を得ることができます。
(* 逆に、金利の低い通貨を買って、ロースオーバーした場合では、投資家がスワップ金利を支払うことになります)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック